一日分のリゾート

EXILEは大学に行かない

10月11日(木)ビラ配りマリパMiiをする

昼休みに部室行く。からあげの屋台が来ていた。部室に行ったら3人からあげ弁当食べてる人がいた。ライセン前でビラ配りをする。栞奈に会う。みずきがデジカメでビラ配りの様子を撮影していた。「OP映像用」って言っていたから、10月ライブのかと思ったら大祭の学年ライブのだったみたい。楽しみ。
部室戻って、みずきに俺が作った学年ライブの映像用のとある台本をチェックしてもらう。「いいんじゃない」って言ってもらえた。栞奈は横で「やめた方がいい」とかなんとか言っていたと思う。


佐藤くんとネタ合わせ。フードコートで合わせてけやきうらへ。俺が台本書くって言っていたけれど、途中までしかこのときはできていなかったので謝る。軽く合わせてこの日は終わり。部室戻るときにコンビ名決める。お互い一単語ずつ言ってくっつけた。一回目はあまり混ざりがよくなくて、二回目に佐藤くんが「エキセントリック」俺が「ベロベロベロンチョ」って言ってそれにする。
部室戻ったら、ピクミン2やる。今年の夏に全クリして二周目。卒業までに終わるかな。やりながら陽太栞奈と就職の話する。栞奈が「太鼓の達人やりたい」って言って俺もちょうどピクミンの一日が終わるタイミングだったからやめて太鼓の達人のソフト探すけれど見つからなかった。誰か知りませんか?代わりに栞奈と陽太とマリオパーティーをやる。
キャラ選ぶときに陽太がワルイージを真っ先にとった。「こういうときは、ワルイージとるって決めてる」らしい。陽太は俺らに「ワルイージ取っちゃってすいません」って言って来たから俺と栞奈は「別にいいわ。ワルイージどうしてもとりたい訳じゃないわ」って言う。
このマリオパーティは、みんな別々に進むのかと思ったら、幽霊屋敷みたいな設定でみんな同じカーペットに乗って順番にサイコロ降って進む形式だった。アラビアンナイトみたいに乗ってる絨毯が浮いて進んだ。
あと、CPUの強さをやや強いくらいにしたら序盤はめっちゃ強かった。クリボー倒すボーリングみたいなやつでCPUがトップバッターでストライク(20本)とったのは冷めた。2位の陽太が18くらいで3位の俺が11くらいだもん。陽太すごいのにかすむし、冷めるわー。でもなぜかゲームの中盤からCPUがどんどん弱くなって最後は4位とかまで落ちていたから「接待プレーだ」って言った。
ミニゲームは陽太が全体的に強かった。1対3で1が俺で3が陽太栞奈CPUのゲームで、荷物を運ぶ俺を残り3人が岩転がして邪魔するやつがあったんだけれど、その間陽太は「栞奈さん、違うって!!!まだ落としちゃ駄目だって!よく考えて落としてよ!!」ってずっと言っていた。
陽太がゲーム強い一方、栞奈はサイコロの目がよかった。ゲーム中盤で「ここまでの目、ほとんど5か6」とか言っていた。そんな2人にたいして、俺はゲームそこそこ勝つし、アイテムサイコロも上手く使って戦うっていう感じだった。
やっていくうちにゴールに近づいていった。このステージはゴール手前で「サイコロで○以上を出したらゴール。出せなかったらラストトラックをもう一周」みたいな感じで最初は6以上出したらから始まって、次が4以上。次が2以上ってどんどん下がっていった。1回目のゴールチャンスのときは俺が圧勝していたんだけれど、栞奈がサイコロ降って6以上出なくてもう1週することに。2周目もまだ俺1位で栞奈がサイコロ降って4以上出なくてもう1周。3周目で大分俺が陽太に追い付かれた。まだかろうじて1位だったけれど僅差。ゴール手前でまた栞奈がサイコロ降って、今度は2以上出してゴール。ラスボス戦に。そこで、陽太が1位で俺が2位で「これ俺負けたかな~」って思っていたらやっぱりそうだった。多分、早めにゴールしていたら俺勝っていたと思う。


マリオパーティ終わったので次は、Miiをやる。まず、じゅずちゃんを作った。最初かなほちゃん作ろうと色々試行錯誤していたら途中でじゅずちゃんっぽくなったので、そこから寄せにいった。俺の中でのじゅずちゃんのイメージは『おわらいの「お」』のときの「お」って言っているときのイメージがあったからそれに寄せにいく。個々のパーツは珍しいもの使っていないんですけれど、見ると結構似ていると思うんで自信作です。ちなみにこの日作ったときはストレートセミロングみたいな髪型にしていたんだけれど、「あそういや最近パーマかけてたんだった」って思い出して後日そっちの髪型に変えた。次に角森を作る。角刈りにして、ハッキリした眉毛にしたら簡単そうだと思っていたけれど、意外とパーツの配置が難しい。微調整たくさんした。誰かが「角森ごときにこんな時間かかるのムカつくな」って言っていた。作っていたら野水が来てドア開けたから「これ誰だと思う?」って聞いたら「角森ですか」って言われる。初見の人でも分かったからこれでよしとする。その流れで野水を作ろうとする。作るに当たってまず一番最初に身長を一番小さい方に振った。目を作るとき「怒ってる目にしよう。俺と同じ目」って言ったらスエマスが「違う。西郡はもっと感情がない」って言ってきたから「感情がない?いや、誰が栞奈やねん」って言う。誰かが「メガネがだいぶ大きいイメージがある」っていうからそうする。似る。あすかか誰かが「肌の色もっと黒いですよね」っていうからそうしたら似る。完成。あとは、俺が去年くらいに作った栞奈のMiiが似すぎていて遠目からでも誰だかすぐ分かるって話に。栞奈は「私の家のDSにあるやつの方がウチに似ている。今度持ってくる」とか言っていた。俺の記憶ではこれを栞奈は1年くらい前から言い続けていまだに持ってきていないので、たぶん持ってくる気はないんだと思う。山部が「実物の栞奈さんより、Miiの栞奈さんの方が栞奈さんに似ているんだよなぁ」って言っていた。そのうち、バイトの時間になったので、「生産性の高い一日だったなあ」と言いながら部室を出た。終わり。