一日分のリゾート

EXILEは大学に行かない

3月19日卒業旅行に行く(金沢駅到着~近江町市場まで)

前回までの続き→3月19日(火)卒業旅行に行く 金沢到着直前まで - 一日分のリゾート


そんなこんなで金沢駅に着いた。改札出たところで栞奈と岸がトイレに行ってそれを残り3人で待つ。2人が戻ってきて、荷物を預けに行く。金沢に着く前に俺が調べた情報では、荷物は北鉄金沢駅に預けたらいいってブログがあった。だから、もてなしドームの前の階段降りて北鉄・金沢駅に向かう。その時に降りるエスカレーターの両脇が水が流れるようになっていたけれど、それが塩素の匂いがしていて、俺は「塩素の匂いがする」って思ったし、言った。
エスカレーター降りて、駅着いたらあんまり、条件?がよくなくて結局普通にコインロッカーに預けようってなった。
駅から見て、改札を出て左側に行くとショッピングモール?みたいな「金沢あんと」という名前のお土産屋とかが並んでいるところがあるんだけれど、その中の一角のコインロッカーに荷物を預けることに。預けたらコインロッカーのむかいが宝くじ売り場だったので、「よし、(金沢に来て1発目の買い物として)宝くじを買おう!」って言ったらスエマスにつっこまれる。荷物預けたあとに、「金沢町歩きマップ」みたいな名前の地図とかをもらってきて5人で駅の前で作戦会議をした。このときも、行きの新刊線に引き続いてあにゃあが割とまともだった。5人をリードして、初日はどこを回るか決めていた。
その後、いざ出発。駅の建物を出て、1回もてなしドームをバックにして別の観光客に写真を撮ってもらう。観光客に撮影お願いするのはスエマス君(大学時代のツイッターアカウントが最近職場の人にばれかけて違う人のふりをしている男の子)にやってもらった。頼んで撮ってもらっていたら、逆に他のカップルにも写真撮影を頼まれたのでそれは、スエマス君(テーマパークでの経験をいかし2017年12月ライブで「テーマパークとかによくある記念写真撮って売るやつ」を書いた男の子)にやってもらった。スエマスは僕らから離れて写真を撮っていたので、金沢に来る前から栞奈とかあにゃあとかと「スエマスを撒こう」と言っていた僕らはグッドタイミングだと思い、他の4人でどこかに行った。そうしたら、写真を頼んできた人が、「あ、どっか行っちゃいましたよ」って言ってスエマスの背後を指差し、スエマスが「おい!」って言って残りの人が「アハハハ」と笑うクソ大学生みたいなことをした。今思うと、自分達のことを面白いと思っているサッカーサークルのやつらがインスタにあげそうなレベルの笑いで反省。


無事にスエマスが、バイトで鍛えた?技術を活かして上手に写真を撮ったあと街歩きに出発。とりあえず、駅から歩いて15分くらいの近江町市場(石川県金沢市の中心部にある、主に生鮮食品などの食品と生活雑貨を扱う小売店が主体の市場 ウィキペディアより引用 20190722アクセス)を目指して進んで、その道中面白いところがあったら寄って、遊びながら進んで着いたら近江町市場でお昼ご飯を食べようと決定。前も書いた気がするけれど、本当にP-RITTSのこういうところ好きだ。せっかく観光地に来ているのに行き当たりばったりなところ。僕たちは細かく計画をたてるのに向いていない。
金沢駅前にはバスもあったけれど、近いから歩こうかってなった。そのときに街を歩きながらスエマスが「金沢かー、降りるの初めてだなあ」って言ったときに、俺が「通り過ぎてはいる!!」ってつっこんだけれど、そのツッコミが粗品さんみたいになった。そこからしばらく別に金沢関係なく霜降り明星さんみたいなボケをして、粗品さんっぽくつっこむって流れになった。一例としては「ハア、ハア、ああやりたい、でもやめるって決めたんだ。耐えるんだ。。。絶対に二度とモンストはやらないんだ!!」「薬のやめ方!!」とか。他は忘れちゃった。
金沢の通り自体は道の側に水が流れたりしていて綺麗な町並みだった。


f:id:hitoriyogarint:20190728231921j:image


金沢は近代的な町並みの間に寺があったりして、その伝統と現代が丁重に融合した金沢の道を歩いていたときに、きっかけはなにかは忘れたけれど我々のなかで「自動車のナンバープレートに書かれている地名でもっとも遠いものを見つけたやつの勝ち」ってゲームがスタートした。この件については、ラジオとか(卒業ラジオ最終回第5回「余韻」 - YouTube)とか、達海さんの自宅に行ってお別れ会したときにも話したけれどキッカケは忘れちゃったなあ。誰か知っている人いたら教えて。その結果、みんな「名所があるか」ではなく「車がたくさんあるか」で進む道を選ぶようになった。具体的に言うと「寺」よりも「コインパーキング」のある方へ、歩いていった。
最初は金沢駅前の通りの道の右側をまっすぐ南西の方向に進んでいたけれど、道路の向かい側に、お寺(東本願寺金沢別院)が見えて、そこに沢山車が止まっているのが見えたから、通りを渡って交番の脇を通って駐車場の方へ。
駐車場の脇の細い道を通って寺の門の前に出た。(失礼ながら)車さがしのついでに、別院にも参拝していこうと思ったら改修工事中で、結局門で写真を撮るだけにした。その際に、スエマスが撮影係で、残り4人を撮っていた。その時にスエマスが「アーティストのジャケ写みたいなのを撮ろう」って言い初めて他の4人がポーズをとる流れがあった。俺はアーティストっぽいかと思って、目線をはずして斜め上見たり、コートのポケットに手を突っ込んだり、襟を立てたりしていたけれど、スエマスには響いていなかったみたいで「まだまだ!もっと、アーティストっぽく!」とか言っていた。その後に「にしごーりは下手!けぇつぅが一番、早くアーティストの顔になっているよ」って言っていた。最終的にはアーティストの顔になるのに俺が一番時間がかかったそう。
寺を出たところで、なんでか理由は忘れたけれど、寺の隣にある幼稚園にスエマスが行こうとしたので止めた。あと確かこの辺で俺が「名古屋」のナンバープレートをスエマスが「長岡(新潟県)」のナンバープレートをそれぞれ見つける。Googleマップで調べたらどっちも金沢からの距離が同じくらいで、どっちが勝っているか議論になる。「車での」距離で競うのか「徒歩での」距離なのか、など。寺の門前でしばし議論になり、俺が「2点の距離がわかるサイト」を見つけるなどしていた。ここではとりあえず、暫定1位は同率で俺とスエマスってことにして、我々はせっかく金沢にいるのだからと当初の目的を思いだし、近江町市場に向かう。
さっき通ったのとは別の細い路地みたいなのを通って近江町市場前の大きい交差点に出た。でも、そこでも、みんなそれとなく流れる車のナンバープレートを見たりしていた。交差点は確か片側3車線くらいある大きめの十字路だったから車もまあまあいたし。その車線を超えて、道路の向こう側に近江町市場が見えていた。横断歩道を渡ってむかおうとしたがそのとき、ちょうど歩行者用信号が赤に代わりかけていた。俺は青が点滅していてギリギリだし、道幅広いし、見送って次ので渡ろうと思っていたし同伴者の大多数にもそんな空気が流れていたんだけれど、スエマスだけは走って大通りを渡っちゃって、4人と1人になってしまった。金沢に来る前は「スエマスを撒こう」と話していたけれど、まさか自分から撒かれてくれるとは思わなかった。でも我々は優しいので車線を挟んで困っているスエマスのもとにすぐにむかった。地元の人っぽい方に聞いて、地下道を通ってスエマス側に向かう。スエマスには遠くから「動くな」って手振りで伝えていたのに、地下道に降りたらそこにいて無事合流。その後地上に出てようやく近江町市場に着いた。
(続く)